2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2006.01.18 (Wed)

YAMAHA FG-350D

 私がLA-18購入まで10年ぐらい愛用して、親戚の子に半永久的に貸し出したギターが判明しましたので、画像なしですが、一応書いておきます。

 YAMAHA FG-350Dっていうモデルです。総合板だと思い込んでましたが、表板は、単板だったようです。初めて持ったフォークギターらしい(その前に使って他のはマルハのアーチドトップ)ギターでした。田舎ですので、定価35,000円(当時は当然消費税など無し)、おまけしてもらったのはソフトケースだけというとんでもない殿様商売のお店から買いました(ーー;)

 真剣にギターを練習したのは、この楽器を入手してからなんですけど、1日中弾いてました。夜中に弾いても近所から苦情が出ないのは、田舎の特権(^o^)。しかし、このギターで育って来ましたので、マーチンドレッドノートタイプのギターはどうも大きく感じてしまい、未だに少しなじめないし、結構6弦側に寄せた弦の配置が染み付いて、マーチンの均等に近い感じで割り振られた弦では、1弦を落としてしまう等々・・・未だにその癖が抜けず。。

 全体的には気に入っていたし、ストーブの前とかで表板が熱くなるような状態で弾いていても塗装がだれない丈夫さで、使いやすい1本だったのですが、LA-18を手に入れてからは音の深みが物足りなく感じるようになり、いつしか壁飾りになってしまいました。

 指板は黒く染めたローズで指の跡で色落ちしてたり、サクラのポジションマークが印刷みたいな感じでチープな雰囲気だったけど・・・やはり思い出深いギターです。ただコレクターじゃないんで、使わないギターはかわいそうで大概手放してしまいます。多分20本以上は売ったりして手放してると思います。


・・・なのに今でも10本近く手元に有るのは何故だ(*_*)


・・・はい、また買うからです(^^ゞ
EDIT  |  08:38  |  私の楽器  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |