2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.03.01 (Tue)

シリアルNo.010 余白の切除

 一晩放置したら、箱の出来上がり。

20110225-1.jpg

 早速モールドから救出。箱に組めれば、表板も裏板も大きめに切りだしてますので、余白部分を切除します。

20110225-2.jpg

 作業に入る前に、今回も先にラベルを貼っちゃいましたので、新聞紙を詰めて、ラベルが汚れないように養生しておきました。

20110225-3.jpg
 
 カンナで取れるところは、カンナで削って、

20110225-4.jpg

 あとは地道に小刀で切除。逆目に入らないように要注意です。

 今回は道具いっぱい使ってるんだから、ここもトリマーでしろよって感じですけど、何故か手作業(^_^;)

 理由?・・・ある訳ないじゃないですか(笑)
EDIT  |  09:00  |  No.010 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■着々と・・・

進んでますな

完成が待ち遠しいですね

もし完成したらクリアトーンの弦張ってみませんか

騙されたと思って

matsuさんのギターには合うと思いますよ
輝 |  2011.03.01(火) 14:11 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは

耳寄りな情報、ありがとうございます!!!

以前まとめ買いした、「Dean Markley Blue Steel Acoustic 2034」の在庫が尽きちゃって、シリアルNo.008に、今はダダリオのフォスフォー張ってるんですけど、寿命が余りにも短い(張って2、3日で音が劣化する)のと、倍音はよく出るけど、どうも響きがチープっていうか、パーラーくさい(パーラーなんだから当たり前なんでしょうけど)というかで、どうもしっくりこなくって、悩んでたところだったんですよ。

輝さんの情報なら、間違いのないところだと思いますので、早速買って試してみます\(^o^)/
matsu |  2011.03.01(火) 14:36 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |