2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.02.19 (Sat)

MAKING AN ACOUSTIC GUITAR KIT

 ネット上には、私のようにアコースティックギター製作記をupされている方が、結構おられます(結構といっても、アコースティックギター演奏者と比べると圧倒的少数な訳ですが)。

 いろいろ見させていただくと、「これはよく研究してはるな」と思うページもあれば「これで精度を出すのはアマチュアでは無理」と思うページもあって、どのページをお手本にするかは、自己責任な訳ですが、私が「この人はすごくよく研究してはる」と思ったページがあったのでご紹介。

 今回は、キットギターに絞る訳なのですが(「初心者でもできるキットギター製作」という妄想が頭にあるので、最近はキットギターを如何に初心者でも失敗無く作れるかって考えながら検索することが多いです)、今までよく例に出したのはStewart-MacDonaldの、Dreadnought Guitar Kit Assembly instructions

 正直な話、これってすごく微妙なんですよねえ。stew-macの工具とかジグを多用しているし(つまり道具代がすごくかかる。まあ殆どの道具は代用or自作できますけど。それでもキットを作る人は初心者が多いと思うので、初めて作るにしては負担が大きい訳です)、そうかと思うと、自社の道具がないところはすごく・・・だったりで(モールドの代わりに段ボール使ったり)、マニュアルとしてはすごく微妙なんですよ。。

 で、本題。そんな折、LMIのホームページを見てると、An Amateurs Guide to Building an LMI Guitar Kit by David Painter (イントロダクションのページはとばしてます)ってページがすごく良く出来ているんですよ。

 多少端折ってるところはあるんですけど(例えばブロックの面出しとか)、他の人の製作方法をすごくよく研究して、いいとこ取りしています。アメリカンな製作記ってパワーツールでガシガシっていうか、力ずくっていうか・・・なのが多くて、あんまり参考にならないことも多いんですけど(苦笑)、すごく合理的な作り方してはって、自分がこの手法を取るか取らないかは別にして、すごくセンスいいなと思うんです。

 いくつか引用してみると(画像は勝手にリンク。まあ販促に寄与してるということで、ご容赦・・・して欲しいなあ)、



 エンド部分の飾りは、テンプレートあててトリマーでガーっと切るのではなく、ノミで彫り出しているかと思うと(個人的に同じ方法とっているので好感)、



 案外綺麗に仕上げるのが難しい、力木の溝切りはトリマー使って、上手に処理したりと、すべてパワーツール頼りではなく、すごく上手に使い分けている感じがするんです。



 力木を柾目にとるために、木取りをテーブルソーで切り出さずに、裂いて切り出すところは「初心者対象のキットギターの製作で、そこまで必要なのかな!?」と思わなくもないんですけど(微妙)、まあよくできたマニュアル(?)なので、一見の価値はあるように思います。
EDIT  |  09:00  |  私の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■LMIは老舗材料屋

私が24歳の時、初めてLMIを渡邊さん(日本リュートsociety創始者)からお教えいただき、以来時々使ってます

特に当時LMIカタログに記載されてる記事を辞書片手にむさぼりつくように読みました

当時新進気鋭製作家だったソモジ、クライン、ブルース.ロスなどの製作記事は驚きの連続だった記憶があります

ただ現在は実はステューマックに押され、経営はあまりよくないようです

私事ですみません
輝 |  2011.02.19(土) 12:29 |  URL |  【コメント編集】

■10年ほど前は

何年か前は、LMIは材質はいいけど値段は高いって言われてたような記憶が。

LMIでは7年ほど前に1回材料買ったきりで(ディッシュは最近買いましたけど)、それから材を買ったことがないので、私自身はよく分からないんですけど(^^;)

LMIは、ホンジュラス・マホガニーが規制かかった時に、早々に海外への出荷を辞めたと思うんですけど、すごく真摯な会社だなと思った覚えがあります。

もう一方のstew-macは、ネット上での注文時に送料が分かったり(LMIは届くまで送料がわからない昔ながらの方式だった気がします)、日本へ荷物がくるのが早かったり、カタログの注文用紙もいち早く日本語に対応したりと、商売上手なイメージがあります・・・その分、商品は割り高な感は否めませんけど。

私的には、スプルース+メイプルのパターンで作ることが多いので、海外から材料を買うときは、カナダから買うことが多いですけど、送料がアメリカから買うのに比べて1.5倍ぐらいかかるのがちょっと痛い(苦笑)。
matsu |  2011.02.19(土) 18:04 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |