2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2011.03.14 (Mon)

ドッグイヤー1

先日、BOOK OFFというお店にいったんですけど、本を選ぶときに最初に見るのは、巻末の出版日なんですよね。

仕事柄、法律の本を見ることが多いんですけど、古いと法律改正前だったりするので、余り古い本だと読む気力がわかなくなるので。

あっ、古いからって価値がないわけじゃないんですよ。訴訟とかになった場合、事件当時の法律に基づいて審理されますから、改正前の法律が必要になる場合も多々あります。

例えば、戦前から相続登記してない物件があって、その物件を時効取得しようとするとしますよね。そうすると、一番最初の相続(戦前の相続ですけど)は、家督相続という旧民法の制度に基づくことになりますから、その制度を分かった上で、時効を主張する相手方(相続した人ですね)を探していくわけです。

というわけで、古い法律書はそれはそれで必要にはなりますけど・・・まあ、通勤の電車で読む本ではないので、よほどこれは買っとかなっくっちゃという本以外は、古い本は買う気にならない訳です。

あとビジネス書とかもそうですね。1990年に出版された2010年の経済の予想・・・なんていう本は一部の研究者とかを除いて必要ないですよね。

まあ、まったく売れない訳じゃなく、

※写真引用の都合上、amazonの商品とリンクしています。以下同様

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


みたいに、突然ブームがやってきて、『マネジメント――課題・責任・実践』(ダイヤモンド社、1974年 P・F. ドラッカー)みたいに、既に著者が鬼籍にはいった書籍でも急に売れることもありますけど、


マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]


最近では、稀有な例だと思います。

で、何が言いたいかといいますと、情報の寿命がすごく短くなってるなあ・・・ってことなんです。

仕事柄、講演の資料とかを作ることが多いんですけど、去年作った資料を次の年の講演でも使うなんて、まったくできなくて、毎年同じ内容の講義なのに一から作りなおしているんです。

情報なんてそんなものと言えばその通りなんでしょうけど、たとえば、今国会に上程予定の地方自治法の改正だって、急きょ改正することになった原因である、阿久根市の専決問題とか、名古屋市の条例不公布問題とか、国立市の住基ネット切断問題とか(検索すれば事例はすぐでてくると思います)でも、多分、来年にはカビが生えて、来年には講演のネタとして使えない(-_-;)

あっ、愚痴になっちゃいましたね(^_^;)。端的に書いちゃうと、ネット社会の進展で、情報の寿命がすごく短くなった気がする・・・ってことだけなんですけども。

前に書きましたけど、まあそれだけ長寿を維持できる価値のある情報が減ったってことなんでしょうけど・・・と言いつつ、まだ次回に続いたりします。。

EDIT  |  09:00  |  最近の出来事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■確かに情報の寿命が短くなりましたね[e:351][e:330]

それだけ時代が速く進んでいってるのでしょ

これがいい事か悪い事かは別ですが

ギターはその点進歩が遅くて、私のような年寄りでも問題なくついていけてます

それにしても弦振動を有効に伝えるブリッジはないものかなぁ~

表板もダブルトップ(ノーメックスハニカムサンドイッチ)に変わる画期的な物
出現しないかなぁ~
輝 |  2011.03.15(火) 19:33 |  URL |  【コメント編集】

■そういえば

オベーションのカーボンサンドのトップ、世に出た頃はかなりの衝撃でしたけど、他に採用する方いませんね。特許とか、技術的な問題とかいろいろあんるんでしょうけど、きっと。。

ギャリソンのグラファイトのブレーシングも普及してるとは言い難い状況ですね・・・まあ、グラファイトが標準になったら、個人製作家は干上がっちゃいますけど(--;)
matsu |  2011.03.15(火) 21:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |