2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2006.02.01 (Wed)

クラシックギター遍歴(後編の2)

 ようやく最終回です(^^ゞあと2本。

 K.YAIRI、T-1はそれなりに気に入っていたのですが、指板にRがついてるモデルで総単板のモデルが欲しくなり、探し回って手に入れたのがTAYLOR、NS-34です。次の条件で合致するモデルがこれしか無かったので。

1.指板幅は48mm以内でRのついているもの。
2.総単板で純粋な生ガット、もしくはコントロールパネルのないエレガット
3.カッタウェイの無いもの

 ちなみに、現行モデルはコントロール用のパネルがついています。私が入手したのは、旧モデル。カッタウェイ無しモデルもあまり見かけません。人気無いんでしょうね(^^ゞ

 しばらく、メインで使いましたが、ボディが000サイズと大きかったことと、あくまでもエレガットなので、音にクラシックらしい深みがなかったことなどから、手放しました。自分でピックアップをはずしちゃって、元に戻すことが出来なかったので、かなり安く手放しました。手放す可能性のあるギターをいじる時は、自分の技術と相談して、元に戻せる範囲に留めておきましょう(>_<)

 MILTONを別にして、一番最近手に入れたギターはホアン・エルナンデスのESTUDIO。新品定価168,000円のモデルです。サイドバックはマホガニーと違う方のモデルのようです。ゴルベ板が貼ってあります。弦高は12F、6弦側で3mmぐらい!?フラメンコセッテイングなのかもしれません。

 ベタベタで弾き易いのですが、ビビリが出ます。ナット下に一枚シムを噛ませて、それでもビビルのでハードテンションの弦を張っています。指板は広めでネックはかなり薄いです。音は、典型的なスペイン系の音だと思います。

 なかなか音を言葉にするのは難しいのですが、お正月にしてた格付けチェックで2,000万円のトーレスと5万円の中古の音色の違いが一番わかりやすいかな!?(一応聴き分けれました)私の耳でって話なので、他の方と感じ方が違うと思いますが、トーレスはスペイン製のギターらしく金属的なガシガシした(尖がった!?)音(本当に抽象的ですいません)、中古(日本製!?)は少しこもったような丸い音に感じました。あくまでも私の感覚なので、「それは違う~!!!」といった意見はご遠慮下さいm(__)m

 このギター、押弦が楽なので、ソロとかは弾き易いのですが、音のキャラがMILTONと少しかぶっていますので、もしかしたら手放すかもしれません。

 以上で一応の大団円、それぞれのギターの詳しいことは、また機会があれば書くかもしれません。機会というより、ねたが切れたらになるかもしれませんが(^^ゞ
EDIT  |  11:49  |  私の楽器  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |