2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.07.21 (Thu)

謎のフラメンコギター!?その3

さて、誰もが気づいてるであろう製作者を推理します。

国産フラメンコギター、昭和40年頃となると、まず浮かぶのは、TAMURAギターでしょう。

このギターの特徴をチェックすると・・・

20110721-1.jpg

まずこのヒールキャップ・・・ネットで「田村 フラメンコギター」で検索したら、いきなり合致しました(苦笑)

こうなると、「田村 廣」か「田村 満」かの調査・・・

20110721-2.jpg

このヘッド、「田村 満」ではありません。で、「田村廣 ギター」で検索すると・・・大当たり(苦笑)

あっさり答えが出ましたが・・・田村廣のコピーの線を一応残っていますが・・・

20110721-3.jpg

ロゼッタも一致してるし、何よりコピー商品が出回るギターとも思えない・・・99%、田村廣で間違いないかと(^_^;)
EDIT  |  09:00  |  私の楽器  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

■おおっ…[e:350]

良いギターをお持ちですね

flamencoなら断然田村廣さんの方でしょ

どういう経緯のギターなんでしょうね

写真観る限りラベルの剥がし跡が無さそうです
輝 |  2011.07.23(土) 17:07 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは

おっしゃるとおりラベルのはがし後ないんですよ。ラベルがないお陰で結構
お安く買えたんですけどね。

塗装とか、板の状態とかは、余り良くないので、あれなんですけど、鳴りは
安物とは一味違うって感じですね。

仕様は安価な部分と高価な部分が混在、仕上げも丁寧な部分と雑な部分が混在していますので、途中から弟子が仕上げたのか!?って感じです(笑)
matsu |  2011.07.23(土) 20:52 |  URL |  【コメント編集】

■なるほど[e:351][e:330]

仰るようにお弟子さんの作品かもしれませんね

田村さんが自分のラベルを貼って売るレベルじゃないと判断したのかもしれませんね

それでそのギターをお弟子さんにあげた

そのギターが周り回ってMatsuさんのもとへ

表板裏のサインを観てみれば良いのでは…
輝 |  2011.07.26(火) 08:49 |  URL |  【コメント編集】

■サインは・・・

結構がんばって、胴の中を撮影してみたんですけど、サインは見当たりませんでした。

まあ、そんな高いデジカメではないので、撮れる範囲も限界があるので、あれなんですけど(^^;)

私の先生が製作末期の頃、自分で仕上げる体力が無くなって、最後の仕上げを弟子にさせたのですけど、その時も自分のラベルは貼らせませんでした。

そういうのを実際に見ていたので、前のコメントみたいな推測をしたんですけど、事実はどうなんでしょう!?

まあ、謎は謎のままの方が夢があっていい気もしますけど。。
matsu |  2011.07.26(火) 22:31 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |