2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.10.19 (Wed)

No.013 DREADNOUGHT 裏板の接ぎ合わせ

では、ドレッドノートの製作開始(^^)

20111019-1.jpg

まずは、No.012と双子のマホガニー(同じ板から切り出した材)を使用して、裏板のサイズを書き込んで・・・って、あれ!?

20111019-2.jpg

・・・横幅が微妙に足りない(-_-;)

さてどうしたものかと、一瞬悩んだ結果、

20111019-3.jpg

ローズウッドを、テーブルソーで切り出して、

20111019-4.jpg

裏板(マホガニー)+パーフリング(黒白黒)+ローズウッド+パーフリング(黒白黒)+裏板(マホガニー)の順に並べて、

20111019-5.jpg

クラシックギターの裏板風に仕上げれば、幅の問題はクリアー(嬉)・・・ただ、こうすると、

20110311-3.jpg

エンド部は勿論(写真はNo.010)、裏板も額縁加工しなくといけないんですけど・・・将来のことは考えず、目の前の課題をクリアーしましょう(^_^;)

20111019-6.jpg

作戦が決まれば、カンナで接ぎ合わせの面を仕上げて(いわゆる攻め接ぎ・・・って、漢字あってるのかな!?)、

20111019-7.jpg

面が仕上がれば、ハタガネで締めて接着。ちなみに、写真に写っている鉄の塊は、ハタガネを締めたときに裏板が反るのを防止するため。

本当は、こんなことせずに、反らない程度に締めてぴったり接着できるのが一番いいんですけど、技術的な問題があるので、力技で何とかということで。。
EDIT  |  09:00  |  No.013 DREADNOUGHT  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

■なるほど

重りだけってのもいいですね! よく、ハギ付近をクランプするのを見かけますが、重りならハギを隠さず目視できるしなによりシンプルでいいです

サイドの金型があるのは羨ましいです
nagasaka |  2011.10.20(木) 22:32 |  URL |  【コメント編集】

■nagasaka 様

クランプを使ったこともあるんですけど・・・なんか大げさぽくって(笑)

本文にも書きましたけど、重りとか使わないのがベストだとは思うんですけど、まだその域には至れずで(^_^;)

金型はかなり便利で、お勧めしたいところなんですけど・・・私が製作家から購入した時の価格を考えると、微妙かも(汗)

今使っているのは、師匠が金型職人さんに作ってもらったものですけど、「閉じ型」と「割り型」が1セットで・・・マーチンD-28の中古より高かったです。

アルミ削りの型も持ってて、値段は金型よりはるかに安かったですけど・・・余りにも重すぎて(^_~;)
matsu |  2011.10.21(金) 08:04 |  URL |  【コメント編集】

上からの抑え無しってすごいですね・・

金型そんな値段だとは知らなかったです(汗
ベニヤならパネル2枚使っても2000円程度ですもんね
地道に作ろうと思います

少し話が違いますが、前にカマカの工場(ウクレレ)で金型の重みだけで甲付けしているところの映像をみました
すごく簡単そうに作っていてびっくりしました
nagasaka |  2011.10.21(金) 18:51 |  URL |  【コメント編集】

■nagasaka 様

抑えなしっていっても、ハタガネでは押さえ込んでるんですけどね(^_^;)

金型の値段は、先生がナニワの商人(あきんど)だから、結構ふっかけられたんじゃないですかね(--;)

まあ、原価が結構かかってるのは事実みたいで、金型は自分で木型作ってそれを金型職人のところへ持ち込んで作らせたら、請求金額見てビックリ、みたいなことを言ってはりました・・・確か。

大量生産品じゃない分(いわゆる職人のオーダーメイドですね)、精度が高い(別に持っているアルミ削り出しのモールドは、比較的安かったけど、精度は少し甘め)くて、便利には使ってるんですけどね(^_^;)

それから、カマカは、1台ソプラノウクレレを持ってるんですけど、なかなか雑な感じですよ。カマカの工房で買ったアウトレットなので余計かもしれませんけど(汗)

内部とか、接着剤が溢れたままで、お掃除してないけど、お構いなしって感じです。

今となっては、いい音がすれば雑くてもOKっていうのも有りだよなと思うんですけど、当時は結構衝撃的でした(笑)
matsu |  2011.10.22(土) 01:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |