2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.10.28 (Fri)

No.011 PARLOR GUITAR ヘッドの整形1

ネックの粗整形ができたら、ヘッドの加工に。まずはペグ穴を開けます。

えっ、「先にヘッドプレートを貼るのでは!?」ですって?いつも同じではつまらないので、先にペグ穴を開けてからヘッドプレートを貼ることにしてみました(笑)

それも普段はヘッドの裏側から穴を開けるところを、今回は表側から開けてみました。見るほうも、毎回違う方法の方が、面白いかなと(笑×2)

・・・っていうのは冗談で、一応アマチュアなりの理由はあるんですけど、実証できてないので、内緒ということで(笑×3)

20111026-1.jpg

それとペグ穴の位置がいつもずれるので、ジグ(っていうか、壊れたクラシックギターのヘッドをばらしただけなんですけど)を両面テープで貼り付けて、それをガイドしています。

ペグ穴がいつもずれるのは、ボール盤の軸がぶれているせいで・・・ジグ考える前にちゃんとしたボール盤買えよって感じですけど(苦笑)

20111026-2.jpg

ペグ穴が開けば、ヘッドプレートを貼り付け。ヘッドプレートは、材はホンジュラスローズで、

20111026-3.jpg

白黒な感じが面白いので、白太の部分を使って、こんな感じに貼ってみました。

20111026-4.jpg

接着できれば、小刀でヘッドの形に整形。ノミで整形しても良かったんですけど、何となく小刀で(笑)

以降、ヘッドの整形2に続く。。
EDIT  |  09:00  |  No.011 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |