2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.10.26 (Wed)

追悼

「どくとるマンボウ」北杜夫さん死去【読売新聞】

もう長いこと、北杜夫氏の小説は読んでないんですけど、中学生の時は文庫本は読書感想文のために年1回だけ読むものだった文庫本を、日常的に読む習慣が身についたのは、高校生の時に、


どくとるマンボウ青春記 (新潮文庫) ※画像引用の都合上、amazonの商品にリンクしています。以下同様です。

を読んでから。つまり、北杜夫氏が私の読書習慣を与えてくれた訳です。

その後、北杜夫氏の本を一通り読んだあと、氏が心酔していたトーマス・マン(北杜夫というペンネームが、トーマス・マンの小説「トニオ・クレーゲル」に由来するのは有名な話・・・杜仁夫(トニオ)が変化したペンネームだったかな!?)に向かうんですけど、いきなり大作に手を出しました。


魔の山 (新潮文庫)

隔離された山頂の療養所で哲学的な会話が延々と続く話なんですけど、そのシチュエーション、どっかで読んだことないですか?


ノルウェイの森 (講談社文庫)

この小説ですね(笑)。「ノルウェーの森」初めて読んだときの感想・・・「魔の山のパクリじゃん」。

村上春樹氏と言えば。


1973年のピンボール (講談社文庫)

は好きでした。最近のは個人的には、あれですけど、まあ音楽と一緒でその辺は好みなので。

話、それまくりましたが、合掌。。
EDIT  |  08:45  |  最近の出来事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■私も若い時、沢山読みました[e:122]

御冥福をお祈りしております
輝 |  2011.10.27(木) 08:00 |  URL |  【コメント編集】

■輝 様

個人的には「幽霊」が好きでした。

純文学の類は最近はめっきり読まなくなりましたが、久しぶりに読み返してみようかな・・・ブックオフで探して(笑)
matsu |  2011.10.27(木) 23:52 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |