2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2011.12.02 (Fri)

No.011 PARLOR GUITAR ナット、サドルの製作

ようやく実作業に追いつくラストのupです。

ここまでしたついでに、ナット、サドルを作っちゃいます(^^)

20111202-1.jpg

バンドソーで、象牙の薄板を切断。

20111202-2.jpg

平ヤスリで、サドル溝の幅にぴったり合うように削って、

20111202-3.jpg

サンドペーパーで高さと形を整形。実際のサドル溝にはめつつ、高さ、形状をあわせていきます。

サドルができれば、次はナットに。

20111202-4.jpg

元はこんな感じの象牙を、切断&ラフに整形。

20111202-5.jpg

ラフに仕上がれば、実際に溝にはめて、ナットの溝を鉛筆で書き込み。溝を切る位置は現場合わせ。。

20111202-6.jpg

6弦~3弦は針ヤスリ、1、2弦は目立てヤスリで切ります。

弦高をチェックしつつ、溝の深さを調整していきます。

20111202-7.jpg

溝が切れれば、巻き弦は半分ぐらい、プレーン弦はちょうど納まるぐらいに調整。

20111202-8.jpg

で、現在の状況は、こんな感じです(^^)v
EDIT  |  09:00  |  No.011 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.12.01 (Thu)

No.011 PARLOR GUITAR ブリッジの接着

実作業では、ひたすらSOMOGYIもどきのドレッドノートを作っているんですけど、とりあえずPARLOR GUITARをできているところまで、UPしちゃいます。

今回は、塗装終わってからブリッジ貼ろうと思っていたのですが・・・弾きたい誘惑に勝てませんでした(苦笑)

ブリッジ材は12弦ギター用のブリッジを加工したもの。

どう加工したかは、同じ手法を使ったシリアルNo.005の製作記を参考にしてください(丸投げ)

20111201-1.jpg

表板のRに合わせて、スクレイパー(のようなもの)で、ブリッジの裏を少しえぐってやって、

20111201-2.jpg

L型カナザシで位置決めして、表板に過度に力がかからないように、必要十分な力で固定して接着。

20111201-3.jpg

接着できれば、ノミであふれた接着剤を掃除して、こんな感じにできがり。

20111201-4.jpg

で、テーパーのついたドリルで、ピン穴をあけます。

最後の仕上げは、リーマーでする(予定)なので、この段階では、少し狭いぐらいまでの仕上げにしておきました。
EDIT  |  09:00  |  No.011 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.11.30 (Wed)

No.011 PARLOR GUITAR フレットの整形

フレットが打ち込めたら、ある程度、整形しておきます。

20111130-1.jpg

食い切りで、指板近くまで切断しておいて、

20111130-2.jpg

平やすりで、指板幅に合わせます。

20111130-3.jpg

平ヤスリを使ってるついでに、フレット合わせします。

stew-macとかで、フレット合わせ専用のヤスリが売ってますね、確か。

柄を指す部分の出っ張りがないので、あっちの方が便利なんだろうなあ・・・高くつくから買わないけど(^_^;)

20111130-4.jpg

フレットの山を起こしなおして(写真は撮ってないです)、整形できればスチールウールでヤスリの傷を取っていきます。

20111130-5.jpg

こんな感じに出来上がり・・・って写真が小さすぎてよくわかんないですね(汗)
EDIT  |  09:00  |  No.011 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.11.29 (Tue)

No.011 PARLOR GUITAR フレット打ち込み

指板の整形ができれば、フレットを打ち込み・・・

20111129-1.jpg

の前に、ナットの溝を作りました。いつも綺麗に真っ直ぐ切れない(あとで微調整してなんとかする)ので、今回は真っ直ぐ垂直に切れるようあて木を作りました。。

・・・っていうのは嘘で、マホガニーの角材からネックを切り出した時にできたクサビ状の端材をあて木にして切断しました。

20111129-2.jpg

こんな感じにできあがり。

20111129-3.jpg

では、あらためてフレットを打ち込み。ここで綺麗に打ち込んでおかないと、あとで却って面倒になるということを、失敗から学んだので、慎重に、丁寧に。。

20111129-4.jpg

こんな感じに打ち込みました。
EDIT  |  09:00  |  No.011 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.11.28 (Mon)

No.011 PARLOR GUITAR ネックと指板の仕上げ

指板がはれれば、ネックの整形を。指板の整形を先にしてもいいんですけど、なんとなくネックの整形からしました。どっちを先にしても大勢に影響ないです(^_^;)

20111128-1.jpg

相変わらず南京カンナは苦手なので、小刀を手前に引く命知らずのパターンで。絶対に真似してはいけません・・・怪我しますから。。


20111128-2.jpg

多少、血まみれになりつつ、粗仕上げができれば、半円やすりで凸凹を取っていきます。

チェックポイントですか?・・・ヒール側からヘッド側に結んだ線がすべての場所で直線になる(凹みとかがないように)することでしょうか。。

分かりにくいですね(汗)・・・ホームページのどっかにチェックポイント書いたと思うので、見つけてください(責任放棄)

20111128-3.jpg

ネックが仕上がれば、指板をRに加工していきます。本職さんは、カンナで仕上げると思うんですけど、アマチュアはサンディングブロックで・・・奥義なので秘密にしているとかいう訳じゃなくて、教室で作ったギターは指板にRつけなかったので、仕方習ってないんですよ、実際のところ。

ちなみに、教室でギター作ったときは、ネックは南京カンナで削りました。だから南京カンナ使えないわけじゃないんですよ、苦手なだけで(苦しい言い訳)

20111128-4.jpg

こんな感じで、粉まみれになってできあがり。この作業のあとは・・・鼻水が真っ黒になります(実話)
EDIT  |  09:00  |  No.011 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT