2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2014.05.17 (Sat)

Y氏モデル・・・その後



塗装も終えて、あとはロッドカバー製作と細かい仕上げを残すだけになりました。

で、製作者の特権で音出ししたんですけど・・う~ん、いい鳴り(自画自賛)

これは、手元にあるうちに音源を残さねばと、製作者のわがまま炸裂で、お友達のギタリストイケヤマ アツシ氏に音源を録っていただきました(^^)

イケヤマ様、ありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。

今回演奏いただいたのはこちら曲です(リンク先から購入可能みたいです)。



マイクは、DPA4090を使用し、マッキー・オニキスブラックジャックのインファーフェイスに直結し、ロジックプロXで録音いただいたとのことです(棒読み)

・・・ごめんなさい、機械は全然わからないので、イケヤマさんからの情報のコピペです(^^;

では、まずはY氏ギターの音から。イコライジングとかエフェクターは無しの音源です。



どうでしょうか!?

さすがイケヤマさん、いい演奏だあ(^^)

では、2012年製作のヒノキギターの音源もup。



イケヤマさんもおっしゃっておられましたが、落ち着いた音ですね。

ヒノキギターに比べると、Y氏ギターは跳ね馬っぽい感じですね((笑)

イケヤマさんがヒノキギターの音の方が好みとおっしゃるのもわかります。

では最後に、イコライジングとリバーブをかけてお化粧してもらったY氏ギターの音源を。



こちらの動画は写真をリサイズせずに使っちゃったので、むっちゃ容量大きいです(220MB?)

自分の名前のスペルも間違ってるし、音も途中で切れてるし(--;

近いうちにupしなおしますm(__)m
EDIT  |  21:44  |  最近の出来事  |  Top↑

2014.04.10 (Thu)

最近の出来事

私、三重県名張市というところに住んでいるのですが、名張市の観光大使をされている竹田京右さんというギタープレーヤーがおられます。



で、竹田さんが名張市政60周年記念式典にこられた折、縁あって(コネあって・・・笑)私のギターをモニターで使っていただけることになりました(^o^)



モニターでご使用いただくのはシリアルNo.010のパーラーギターです。



試奏用に手元に置いてあったギターなので傷だらけで恐縮だったのですが、何せ手元に在庫が無くて(苦笑)



ラモシオンさんに置かせてもらっていたいたラティス・ブレーシングのドレットノートも先日売れましたとご連絡いただいており、完全に手持ちギターが無い状況です。



新しいモールドも作ったことだし、

20110622-3.jpg

接いだまま3年以上放置したままのハカランダを何とかしないと(^^;
EDIT  |  20:00  |  最近の出来事  |  Top↑

2014.03.11 (Tue)

Y氏モデル、木工完了・・・ようやく(^^;

いつもながら納期が遅れに遅れているY氏モデルです。



前回、ネックを作ったところまで記事にupしましたが、その後、指板製作→ネック入れ→指板接着まで完了した写真。

黒柿の指板、ヘッドプレートが結構人気のようです(matsu調査による)

指板はR加工してフレットを打ってから接着したのですが、何処かに力の逃げ場を作っておかないと上手く接着できないように思ったので、接合部(13F)のフレットのみ打たずに接着しました。

まあ、いろいろな方法を試行しましたが、結局は指板を貼ってから、R付けてフレット打つのが一番いいのかなあ・・・16Fあたりから上のフレットを打つのがちょっと苦手なんですけどね(苦笑)



指板が貼れれば、13Fを打ち込んで、ブリッジを貼りました。

最近は一般的な方法、塗装後にブリッジを貼る方法を取ることが多かったのですが、今回は力木の配置や表板の厚みを変えたので、塗装前の段階で実音を出して板厚の調整をするために、塗装前にブリッジを貼り、弦を仮張りしました。

音は従来の軽やかに鳴る感じではなく、ズドンと鳴る感じに仕上がっており、こちらは想定どうりでしたが・・・強度が思ったほど出ておらず、デリケートな感じです。

やはり、小さいギターは、張力との戦いです(苦笑)


次は下地を仕上げて塗装にはいります・・・目標3月末納品(^^;
EDIT  |  14:11  |  未分類  |  Top↑

2014.02.21 (Fri)

失敗なのか成功なのか!?

普段、他の方の楽器を全然観察してないことがバレバレで恥ずかしい話なのですが、まあネタのひとつとして(苦笑)

前回、ヘッドを2Pで接いだのヘッド裏にもヘッドプレートを貼ったほうがベターという記事を書いたのですが、普段ヘッド裏にプレートを貼る習慣がないので、さてどうしたものかと一思案。。



実際には全く貼ったことが無い訳ではなくて、シリアルNo.008 ヒノキギターを作った時も、本器同様ヘッドを接ぎましたのでヘッド裏にケヤキのプレートを貼りました。

その時は、ヘッド裏をフラットに仕上げて貼りましたので、難しいことを考える必要は無かったのですが、今回はカーブを付けてみましょう・・・と思ったのが何かの間違い(笑)

いつもの調子で結構立派な(きつい)カーブに仕上げたものだから、本当に貼れるのかしら!?って感じです(写真撮り忘れで、イメージわかないと思いますが・・・)

ミュージックランドKEYさんのホームページに掲載されたYOKOYAMA GUITARSさんの工房レポートの写真を見るとカーブが緩い。。

後日、HATTA WORKSさんのウクレレを見せていただく機会もあったのですが、やっぱりカーブは緩い・・・私が間違っておりましたm(__)m

でもここまでネックを作ってしまった以上、何とかしなければなるまい(暴挙)



まずは、ある程度薄く仕上げないといけないと思い立ったのですが、何せ自動カンナでは3mm辺りまでしか削れないので、そこから先はひたすら手作業・・・台直しカンナで2mmまで落としました。

ちなみに側板とかも2.5mmあたりまで手作業で落とすのですが・・・ドラムサンダー欲しい(願望)



緩やかなカーブなら特に手を加えなくても曲がるそうですが、流石に曲がりそうもないので・・・ヘッドプレートを熱した鉄管を使って曲げました。

黒柿の端部を強烈に曲げるのは、硬くてとても大変でした・・・二度としたくないです(本音)

まあ、そういうオーダーが入れば当然また曲げますけどね(笑)



プレートが曲がれば、ヘッド裏のカーブに合わせて整形したあて木を使って、クランプで締めて接着です。

あて木は、本器に合わせて作っていますので、当然、使いまわしできるはずもなく、本器のこの作業だけのためだけに作ったものです。

こういう裏側を知ると、ハンドメイドってやっぱり値打ちあるでしょ・・・と、負け惜しみ。



で、接着できれば、整形して出来上がり。

毎回、こんな感じでいきあたりばったりなので、納期が遅れてばかり・・・やっぱり作り出す前にちゃんと設計図描かないといけないなあと思ってはいるんですけど、未だに行き当たりばったりです(苦笑)
EDIT  |  12:55  |  未分類  |  Top↑

2014.02.15 (Sat)

Y氏モデルの様々な実験・・・っていう程でもないけど(笑)

 まだ完成にはいたっていないのですが、PARLOR GUITAR+ライトゲージと今までとは違う仕様を想定しているため、強度upに試行錯誤している今日この頃です。

 以前、フォワードシフテッドは採用せずに一般的な位置にXブレースを配置しましたと書いたと思うのですが、テンションupで負荷のかかる部分は、まず表板(胴)、次にネックだと思います(当社比・・・モデルによってネックへの影響の方が大きい場合も多々あり)。

 で、ネックの強度upです。



 まず、ヘッドを1Pではなく2Pで接ぐ仕様にしました。

 1Pと2Pではどちらが強度があるのかは諸説あるようですが、あくまでも私見として(私見です、私見)、接着面が完全に密着していれば1Pと変わらない強度が出ますので、あとは力のかかる方向に木目が走らせることができる2Pの方が有利かなと思っていたりします。

 それに、ずっと1Pばかりやってると、技術的に劣化しそうなので、たまには2Pで接がないというのもあったりするんですけど(^^;

 以下、自分のための覚書。

 スロッテドヘッドの場合、ヘッドに厚みがあるので、接ぎ目がちょうどヘッド裏の返しの部分になり、整形により継ぎ目が目立たないように処理できる。

 ソリッドヘッドの場合、ヘッドの厚みが薄く、接ぎ目がヘッド裏の途中に来るので、完全に隠すことは難しい。裏にもプレートを貼るほうが無難。



 次に、一般的によく使われる方法ですが、ネック内部にカーボンロッドを2本仕込みました。

 クラシックギターでは河野とか、アコースティックギターではローデン等で採用されている硬木を挟む方法も考えたのですが、それはまたの機会にすることにしました。

 以下、自分のための覚書(その2)。

 硬木を挟むネックの場合は、クラシックギターのように、ヘッド及びヒールはサンドしない材を接いだ方が、見た目は綺麗に収まるように思う。

 あくまでもの個人の嗜好の範囲にはなるが、先細りのヒールのにするとデザイン的に綺麗に納めることが難しいように思う。



 それと、指板を1mm厚くしました。具体的には6mm→7mm。

 元々パーラーギターは比重がヘッド寄りになっているので、余り厚過ぎてもバランスが崩れる気がします。

 スロッテドヘッド+オープンバックのペグにすれば、かなり解消されると思うのですが、まあ今回はソリッドヘッドで(笑)


 という感じで、細かい(多分、言われないとわからない程度)の仕様変更ですが、強度アップに努力してみました。。
EDIT  |  17:27  |  最近の出来事  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。